飾り線上

不妊治療での体外受精について月に何

飾り線下

不妊治療での体外受精について

月に何回かの交渉を持ち、一年経っても子供ができない場合、不妊症とも言われます。

若いと子供は出来やすいですが、人によっては若くても出来にくい人もいて一概には言えません。

年を重ねてくると段々子供は出来にくくなってきます。

卵子は月に一度の排卵と共に、元気がいい、若い卵子から排卵していくので、年齢を経てくると残っている卵子も少なくなり、元気もなくなってくるので、妊娠しづらくなります。

自然に交渉しても子供が出来にくい、または年齢が高齢で子供が出来にくいといった場合、不妊治療を行うことで、妊娠する可能性はあります。

しかし、治療したからといって出来るものでもなく、個人差があり、また経費もかかります。

子供をどうしても望む夫婦は、わずかな可能性にかけてでも希望を持って臨むわけです。

不妊治療を行う場合、まず不妊かどうかの検査を行います。

不妊には女性不妊と男性不妊があり、女性ばかりではなく、男性も調べる必要があります。

これにより、妊娠の可能性があるかどうかを知り、不妊治療に入っていきます。

タイミングから始まり、人工授精、体外受精とステップを踏み、体外受精の他にも顕微授精という方法もあります。

顕微授精は男性側の精子の運動率が悪かったり、精子の数が少ない場合、顕微鏡で人間の手を加えることによって受精させる方法です。

タイミングは基礎体温を測り、排卵日を予測し、医師の予測により、交渉を持つものです。

タイミングを何回か続けて妊娠しなければ人工授精へとステップします。

人工授精は男性の精子を直接、女性の子宮の中に注入する方法です。

排卵日の付近に医師の手によって、直接注入するものなので、受精は子宮内で行われます。

人工授精で妊娠する人は5回までには妊娠すると言われており、妊娠しない場合、それ以上続けても妊娠率は低くなります。

体外受精は最終ステップになるわけで、卵胞を育てることから始まります。

妊娠するためには卵子をたくさん作った方が確率も高くなるので、注射により、卵子をたくさん育てることから始まります。

注射は自己注射するものと、病院に通院するものとがあります。

卵胞をたくさん作り、運動率がいいものを選び、男性の精子をこの中に注入し、受精させます。

この受精卵を女性の子宮内に入れます。

入れることにより、無事、着床までしてくれれば体外受精の成功となります。

しかし、この体外受精も成功率としてはそれほど高くなく、40歳ともなると成功率は10%台と自然妊娠率と変わらなくなってしまいます。

若いほどまだ確率は高いので、若い方が成功する確率は高いです。



体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、
小さい飾り線上

メニュー

小さい飾り線下

メニュー




Copyright (C) 2014 体外授精(体外受精)の確率003 All Rights Reserved.